アクロコルドンは?関連と乱調

アクロコルドン,元凶,病態

 

アクロコルドンは、首や脇の下、面持ち、母乳、鼠蹊部といった表皮が軟らかい企業にやれるイボだ。

 

がたいは2~3mmほどで、形態は平べったいものが手広く、肌色・茶褐色のものまでさまざまあります。

 

水イボをはじめとするその他のイボと違う点は、ウィルス性ではないということです。ヒトに伝染せず無害・良性のものがほとんどです。

 

年齢を重ねていくと、アクロコルドンができていることに気が付く場合が手広く、その発生の原因は年齢・UV・素肌へのスレ・乾燥・ターンオーバーサイクルの壊れ、などと言われています。

 

30代以降の中高年の女性に手広くその状態が見られることが分かってあり、他にもポッチャリ・糖尿病魔・妊産婦・産後のヒトにも発生しやすいだ。

 

アクロコルドンの状態にはたくさん集団があり、形状・がたいなどで区別されている。

 

基本的には同様の待遇となっていますが、アクロコルドン(平たい)、スキンタッグ(もみ殻状の形態、付け根はか細い)、軟性線維腫(直径5mm、盛り上がっていらっしゃる)などがあります。

 

アクロコルドン,元凶,病態

 

だんだんと値が増えていくのも特徴の一つで、目立たない場所に出来、苦痛も弱い結果、自分では気付きづらく、他の人から指摘されていよいよ気が付くことも多いだ。

 

ウエアや飾りに引っ掛けたり、スレされたりすると、炎症を起こすことがある結果、見た目にも気になるヒトは治療をすることが出来ます。

 

施術としては、スキンタッグのようにでっぱった形状のものであれば診療件ハサミでの切り落とし、アクロコルドンのように平たいものでは液体窒素での凍結療法・電気焼却・二酸化炭素レーザーなどによる切除法があります。

 

局所麻酔をする場合もあり、一つ一つのイボを丁寧に切除していきます。ハサミによる見立てでは苦痛も短く、出血もたまさか、傷跡も残りづらく、保険適用となります。

 

二酸化炭素レーザーによる見立てでは雌を用いない結果、ちっちゃなイボでは麻酔も無用・見立て時間も少ない・出血も少ないというウリがありますが、多少の苦痛が伴い保険適用外となります。

 

来院行える病舎は表皮科・美貌外科であり、目線の周りの場合には眼科で来院治療できる場合もあります。

 

執刀自体は非常に簡単なもので、術後のかさぶたがなくなれば終焉となります。

 

ライフサイクルに断然バリヤがなければ、ただただ見立てをしなくてもうっちゃるイボでもありますので、炎症が起きてしまった場合には保険適用として、美容面での見立ての場合には保険が適用されないこともあります。

 

首いぼクリームホームページへ